退所の対象となる場合

家族の負担軽減に、痴呆症(認知症)の進行を遅らせるために入るグループホームや軽費老人ホームBタイプですが、せっかくは入れても退所させられることがあります。

どのような場合かというと、患者に医療が必要になったときと常に介護が必要になった時です。

グループホームや軽費老人ホームBタイプでは、ある程度自立した生活ができる方が対象になっていますので、職員は補助的なものしか行いません(病気の進行を遅らせるため)。

常に紙おむつで職員が交換しなければならない、食事も介助が必要になったとなれば、少ないスタッフでは手に負えなくなります。

他に退所の原因となるものに、暴れる、他人を傷つける、頻繁に徘徊する、共同生活が営むことが出来なくなった時などがあげられます。

先も「少ないスタッフでは手に負えなくなる」と書きましたが、上記のような問題が起きれば、一人の患者にかかりきりになるため、同じ結果となるのです。また、患者を拘束するということも認められていませんので、管理的に厳しくなってきます。

以上のことは老人ホームのホームページや契約書、パンフレットにも掲載されていることです。

痴呆症(認知症)患者の入所を考えているなら、その辺は理解をして計画を進めるようにしましょう。