老人ホームの費用

老人ホームにも沢山の種類がありますが、痴呆症(認知症)だと、グループホームや軽費老人ホームのBタイプが適していると言われています。

入所にあたって気になるのが費用ですが、月額の平均は15万円程度だということですが、介護に関しては介護保険制度で1割負担分と、家賃、食費などが必要になってきます。

料金の幅も2万円程度から数十万で、費用の内訳も家具やカーテンなどの備品レンタル料、レク費などがプラスされるところもあります。

また、入居一時金を取るところもありますので、初期費用にかかる部分でも差があるのが現状です。

多くの方が介護の度合いによって後には老人保健施設や特別養護老人ホーム、精神科病院になどに転院(居換え)するようですが、考えておきたいのが「終身」という部分です。

医療を必要とするのであればご自宅で世話をすることは無理、というふうになりますし、再度転院するとなると探すのも大変です。

もし転院を考えているのなら、ケア計画をお願いしているケアマネージャーや、担当の保健婦に相談をして情報を集めてもらいパイプ役になってもらうと良いでしょう。ケアマネージャーへの相談と計画は、介護保険でまかなわれていますし、保健婦も県や自治体職員ですので無料です。