痴呆症患者にとって一番よいこととは

これまで長く一緒に暮らしてきた大切な家族。

痴呆症(認知症)となってもそれは変わらないはずです。

自宅での介護に疲れたとしても、どうか長生きして欲しいと思いますし、より良いお世話をしてもらうため、老人ホームへの入所も考えると思います。

痴呆症患者にとって一番よいことは、病気の進行をできるだけ遅くしてあげることです。

ですので、老人ホームを選ぶ時にはある程度自立した生活が送れるようなところを探すようにしましょう。ただし、介護保険の認定を受けているなら、健康型や自立型のところには入所できません。

痴呆症患者を専門としている老人ホームは必ずありますので、そのようなところを探してください。ケアマネージャーや保健婦に相談をするといろんな情報を提供してくれます。

入所を検討する老人ホームが幾つかあるなら、費用のことや間取り、運営方針についても詳しく調べてください。

人によってはリビングルームに面した部屋でも差し支えの無い方もいますし、物音を非常に気にされる方もいますので、それぞれの部屋の配置も気にしてみましょう。足腰が悪くなっているなら、下に事務所や談話室、リビングや食堂、2階に部屋が配置されていると不便です。

個々人に合わせてピッタリであるか、それも検討材料となるのです。