痴呆症の状態でも入居可能な老人ホーム

痴呆症が若干強くなってきているその後色々と施設に入れることはできないかと考えて老人ホームを探したことというのがあります。一つとしてあったのがグループホームというところです。多少なりとも自立して生活をすることができるような人っていうことが条件であったりするのですが一応、祖母は寝たきりというわけではありませんでしたのでそういうところも選択肢に入りました。

後は特別養護老人ホームというところも探してみました。これは費用的に安いから、ということも理由としてありました。必ずしも受け入れてくれるとは限らないのですがそこまで極端に強くない痴呆症でしたので受け入れることは可能ということになりました。但し、さすがに空きがないということがあって色々と施設を調べて予約を入れて順番が来たら連絡をもらうというような形で待っていたということがありました。特別養護老人ホームに最終的にはなりましたので、それが痴呆症でも入れる老人ホームの一つとしてあげられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です