痴呆症の人が入居できる施設

在宅での生活が難しくなった痴呆症の高齢者が入居できる施設には、いくつか種類があります。
今回は要介護度が出ていて、かつ痴呆症の診断が出ている方を対象とします。

まずは特別養護老人ホーム。ここは一般的には要介護3以上の方が入居できるのですが、状況に応じて要介護2の方でも入居できる特例もあります。行政が管轄となり、コストが低いことがメリットかもしれません。ただ相部屋になったりすることもあるので、必ず事前に見学はしておいた方が良いみたいです。また特別養護老人ホームは入居待ちの方が多い場合があるので、すぐに入居できないことがあります。

次にグループホーム。こちらは痴呆症の方々が共同生活をする小規模の施設です。看護師の配置基準がないため、施設によって看護師がいたりいなかったりします。食事の準備や、簡単な作業(洗濯をたたむなど)程度をしたり、頭のトレーニングをして痴呆症の進行を遅らせることができます。

そして有料老人ホーム。介護付、住宅型、サービス付き高齢者住宅等ありますが、施設によって特色が違うので入居前には必ず見学をお勧めします。有料老人ホームやグループホームは一般的に老人ホームと呼ばれ、特別養護老人ホーム等は老人福祉施設と呼ばれます。

入居には予算や家からの距離など問題がありますよね。しかしできるだけ施設を見学して、納得できるところを見つけることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です