痴呆症でも受け入れてくれる介護施設

老人介護施設には有料老人ホームや特別養護老人ホームなどがありますが、いわゆる特養は、ほぼ全ての施設が痴呆症の高齢者を受け入れています。
ですが有料老人ホームの場合は、健常者のみしか入居が許可されておらず痴呆症があると受け入れてもらえないところがあります。いわゆる自立型の介護付き有料老人ホームです
ですから、有料老人ホームを選ぶ際には痴呆症があっても受け入れ可能かどうかを確認する必要があります。
ただし、痴呆症を受け入れると言っても軽度の痴呆症のみと限定しているところもあるようです。
つまり、徘徊や暴力などの手が掛かってしまう症状が出ている痴呆症の場合は、受け入れてもらえない有料老人ホームもあることを理解したうえで施設探しをした方が良いですね。
また、特養でもあまりに痴呆症が進行している場合には、入居を断られる場合もあるので注意が必要です。
いずれにしても痴呆症の高齢者の場合は、慎重に施設選びをすることが重要になるため、時間をかけて情報収集をしていかなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です