痴呆症でも入れる老人ホームを探す方法

大切な家族が痴呆症になった時に、家族だけでは介護がなかなか出来なくなる時もありますよね。
記憶障害や徘徊に悩まされ、介護うつなどという言葉も最近では増えてきました。
家族の負担を考えると、やはり老人ホームへの入居を考えなくてはなりません。
ですが、老人ホームを探そうにも、あらゆるタイプの老人ホームがあり、どの老人ホームにすれば良いのか悩みますよね。
老人ホームによっては、痴呆症だと受け入れてもらえない可能性もあります。
そこで、老人ホームを探す時には、特別養護老人ホームと書かれた老人ホームをチェックしましょう。
特別養護老人ホームは、要介護3以上の人を対象としています。
そして、痴呆症でも入居は可能で、看護師が待機しているので、体調の急な変化にも対応してもらえます。
大切なのは、入居した後のケアも対応してくれるかという事と、対応する準備は出来ているかという事です。
それらの準備が整っている特別養護老人ホームを、まずは探してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です