痴呆症でも入れる老人ホームの特徴を知ろう

痴呆症の場合、老人ホームを探すのは、なかなか困難を極めます。
痴呆症でも入居可能な老人ホームとはいっても、痴呆症のレベルによっては断られるというケースもあります。
有料老人ホームでは、痴呆症の人を広く受け入れている施設もあるのですが、まずは重度の痴呆症でも入居可能な老人ホームを探しましょう。
その時に、どの程度の痴呆症なら入れるのか、また、徘徊などを想定した対策はきちんとされているのか、事前にチェックしておきましょう。
例えば、部屋のドアは内側には鍵がなく、入居者が簡単に部屋から出られないように配慮されているのか、介護職員が常に何人待機しているのか。
事前に、どのようなケアを行っているのかを確認しておく必要があります。
有料老人ホームだからといって、介護職員が極端に少なかったり、痴呆症対策がキチンととられていないと感じた時には、別の老人ホームを探す事をおすすめします。
痴呆症に対してのケアがきちんとされている有料老人ホームを選ぶようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です