痴呆症でも入れる老人ホームの条件と特徴

人は高齢になるとどうしても脳の機能が低下し、痴呆症のリスクが高まります。
既に痴呆症を発症していても軽いうちならまだ何とかなりますが、自宅での介護が難しくなれば老人ホームのお世話になる方向へ進むのが自然です。
老人ホームでまずイメージするのが、特別養護老人ホームの存在です。
この老人ホームは審査が厳しく、基本的に要介護3以上の老人でなければ受け入れてくれません。
但し、入居希望者が痴呆症の場合には特例として、要介護1もしくは2に該当する老人でも入居できるケースがあります。
審査基準の例として、自宅での生活が明らかに困難であること、単身であったり家族も高齢であったりして身近な人の支援を受けるのが難しい人などです。
基本的に24時間体制で介護を受けられるため、痴呆症の人にとっては頼もしい環境が整っているといえます。
注意点として、利用料金が安い特別養護老人ホームはとても人気が高く、入居までの待機期間が長いことを理解してから手続きをしたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です