痴呆症でも入れる老人ホームのサービス内容

入居条件が厳しいとされる特別養護老人ホームでも、認知症など痴呆の症状がある人ならやや緩めの審査で入居できるパターンがあります。
特別養護老人ホームに入居すると受けられるサービスについて、申し込み前に把握しておくと安心できるでしょう。
食事内容は栄養士が管理しており、健康や食べやすさに配慮した、バランスの良いものを出してくれます。
お風呂に入ることもできますが、一般的に週2回の入浴としているところが多めです。
入らない日の体の汚れは拭き取って清潔を保つかたちです。
トイレは寝たきりの人なら介助してくれますが、痴呆症で自力で行動できる人だと、可能な限り自分自身で行うよう促されます。
医師や介護関係のスタッフが健康状態をチェックしてくれるため、健康面の不安が少なくなり、安心して過ごせるのがメリットです。
特別養護老人ホームのサービスでは認知症の進行を遅らせるために、自立した生活を送れるように促します。
過剰な介護や支援を行わない点が、本人や家族にとって魅力的に映るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です