痴呆症でも入れる有料老人ホームの探し方

私の祖父のお話になるのですが、認知機能が低下し痴呆症になりまして、家族で介護をしていましたが、目を離すとどこかに行ってしまうため、やむを得ず老人ホームを探して入居してもらいました。老人ホームを探す際、ネットで痴呆症と神奈川県を条件に老人ホームを検索し、検索サイトみんなの介護というサイトがあり、そちらを利用して自分の住んでいる地域の数ある老人ホームの中で痴呆症でも入ることができる老人ホームを探して入居してもらいました。
入居には事前に審査がありまして、審査の内容は主に、暴力的であるかどうかなどを審査して他の老人ホームに入っている方とトラブルを起こさないかどうかを体験してもらい、問題が無いと判断されたため、現在に至ります。
老人ホームへの入居の際、事前に審査がありますので審査にひっかった場合は施設に入居できないです。
私の祖父の場合、問題ないと判断されその後自宅に一時的に帰るなど一時的に自宅に帰る曜日などを選択することもできましたので家族と離れ離れになるというわけではないので安心しました。老人ホームは必ずしも入ったらずっと向こうにいないといけないわけではないということを私は学びました。
ですので、まずは、みんなの介護などの介護サポートサイトでどういったサポートを受けることができるかを確認した後に体験入居すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です