グループホームに入りたい

私の祖母は、両親と私と3世代で一緒に暮らしていたのですが、3年前から痴呆症を発症しました
最初は、勘違いのような物忘れに感じていましたが、半年過ぎた頃には、ご飯を食べて少し経つと食事を要望したりする事も出てきました。

それぐらいであれば、まだ家庭内では誤魔化しながらさほどストレスになる事もなく家庭で看る事が出来ていました。
しかし、痴呆症の症状が進むと共に、夜になると外出しようとしたため、どうしたのか問いただすと、息子の塾のお迎えにいかなきゃ行けないと言い出したのです。
祖母の生活の中には、40年程前の状況に戻っており、それが現実として捉えているのだと分かりました。

痴呆症なので仕方ありませんが、いくら説得しても次の日には忘れています。時には皆が気付かない時に出て行ってしまった事もあり、からくもすぐに見つけられたので良かったですが、時間が経っていたら行方不明になっていたかもしれません。

痴呆症対応のグループホームであれば、月額も何とか払えるぐらいの費用だった為、待機申込をしました。
順番が回ってくるまで、待機者も多かったせいか1年程かかりましたが、何とか近隣の施設に入れたため面会も行きやすく、祖母も穏やかな表情になったように見えますので、家族の生活も含め、良かったのかと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です