どのような老人ホームが適しているか

グループホームは、要介護認定を受けた痴呆症(認知症)患者数名(5~9人が1ユニット)が、生活全般のサービスを受けながら家庭的な環境の中で生活をします。もちろん、スタッフは常駐しています。

入居資格は65歳以上で、いわゆる「老人性痴呆症」と呼ばれていた方が対象となっています。

軽費老人ホームBタイプでも受けいられることもあり、こちらは自炊できる程度の健康状態にある方が対象で、60歳以上となっています。地方公共団体や社会福祉法人、医療法人などが運営しています。

病気を克服されると「経験者」となり、施設探しも楽になるのでしょうが、痴呆症は経験した方が探すと言うことは不可能です。家族にも何人かそのような患者がいるとすれば捜しやすいかと思いますが、このようなお宅はごく希だと思います。

どのような老人ホームが適しているかを考えるなら、近道は「相談する」ことだと思います。

介護認定では介護保険担当職員と面談をしますが、この段階では老人ホーム探しまで話が進むことはありません。

介護を専門施設で受けるには、ケアマネージャーと相談をし、そこから患者本人にあった計画を立てることになりますので、症状が進んだときにも常に老人福祉や介護保険窓口、保健婦に相談をしていくことです。