痴呆症でも入れる老人ホーム.com

数年前まで「痴呆症」と呼ばれていた病気は、2004年に厚生労働省の用語検討会によって、「痴呆症」から「認知症」へと置き換えられました。このサイトでは、痴呆症と老人ホームの関係に着目して論じていきます。

この病気は、記憶障害から始まり進行は緩やかですが、物忘れが多くなり、計算することや理解すること、認識度などの知的機能低下に加え、生活上の機能低下も起こっています。
原因は、加齢による脳の萎縮や神経細胞の衰えと言われ、昔は血管性認知症が多かったのですが、現在はアルツハイマー型認知症患者が増えているようです。

ちなみに、痴呆症の原因にはいくつかあり、血管の梗塞などによる血管性のものと、アルツハイマーやパーキンソン病など、脳の変性が原因となる変性性によるもの、クロイツフェルトヤコブ病やHIVなどによる感染によるものがあります。

進行はいたって緩やかで、いきなり困ったことにはなりません。
ご家族の方で老人ホームを検討するのは生活上の機能の低下や、これまでの人格がガラリと変わるような奇行や暴言、徘徊をするまで進行したときだと聞きます。
原因は様々ですが、中には進行を遅らせることができますので、お住まいの地域の病院で相談をし、適切な診断と治療を受けると良いと思います。在宅でも施設でも介護サービスを受けるには介護認定を受ける必要がありますが、所得により異なりますが、サービスを受ける際の経済的な負担を抑えることができます。

一番多い原因は、脳の血管がつまる事による脳梗塞や脳出血などにより脳にダメージを負った時で、じわじわと変性が進むアルツハイマー(βアミロイドが蓄積されていき、脳を委縮させる進行性)になります。

最も見受けられる症状は短期記憶障害で、数分前の出来事も忘れてしまうようになります。しかし、気になる状況はいつまでも続く為、同じ事を尋ねたりするようになります。

足腰がしっかりされている方であれば徘徊も主な症状でしょう。働いていた時の記憶があり、出勤しようと身支度を整え家を出たものの、途中で目的を見失い、知らない場所まで移動してしまったり、誰かを迎えに行く習慣があり、家をあとにするなどといった事が徘徊のきっかけに挙げられます。

徘徊

筆者の経験ですが、夜9時、10時ぐらいになると玄関先に出てきて、言葉(何を発しているか聞き取れない)を口にだし、誰かを呼ぼうとしている高齢者の方が近くに住んでいましたが、しばらく同じ行動を目の当たりにする事が続きました。

人は高齢になれば、行動範囲も狭くなったり、社交性もなくなっていく方が多いと思います。一日中、家にいて誰とも会話をしない人もいるでしょう。そうした刺激がない日々が特に痴呆症には関係していると思われます。

女性は会話を楽しんだりする方が多いですが、男性は特にそうした環境におちいりがちのような気がします。平均寿命と痴呆症の関連があるかどうかは分かりませんが、寿命が延びた事で脳が委縮する症状が出てくる年齢まで長生きするようになった現代ならではの病気と言えそうです。